« 人とのつながりがないのにただお金を稼ぐためにじぶんがロボットになるなんていきていけない 心 | トップページ | espana »

2017年8月11日 (金)

読書人工知能時代を生き抜く子どもの育て方


AI人工知能がこの先どんな風に世の中を変えていくのか??

私が幼少期の頃は人間がハンドルを握らずに車が勝手に運転してくれるなんてドラエもんの世界でしかなかったけど、今や現実。

2045年今2歳の息子が30歳になる頃の世の中が全く想像できない私には面白い1冊でした。

もちろん職業選択は子ども自身がするべきものであって親が決めることではありませんが、もし子どもが薬剤師や鉄道運輸関係を目指すのであればどういう対応をするべきなのかも考えさせられた1冊でした。
人工知能時代を生き抜く子どもの育て方
Amazon
今回も参考になった点を記録として残します

圧倒的能動思考

他人や周囲の環境に依存することなく、自分にしかできない仕事や社会における役割を自らどんどん作り出せる人こそ、人工知能時代を生き抜けるのです。

社会や組織に身を委ねないこと
自分で考え、行動を起こせること
責任を持てること
子どもの時に極める力を身につける5ステップ
目標はなんでもOK。子供が最も好きなことを選ぶ。

目標の設定ゲームで日本一に

モンストが好きこれから3月でモンストの日本一になってみない?

目標の具体化日本一の達人を見つける

来週までにモンストの日本一の人の情報を集めて来てねと宿題を出す。

情報検索の仕方が分からなければGoogleの使い方を教える。
ターゲットを実在の個人に置き換えることで日本一と自分との対比がしやすくなり、そこから課題が見つけやすくなる。

課題を抽出する達人と自分の違いを発見する

この人と君の違いは何だろうね?と質問。

課題発見能力を培うのに必要不可欠な質問なので、親は決して答えを言わない。
とりあえず1つでも子供が課題を見つけられればOK。

解決策を考える具体的な練習を決める

課題に対して具体的、かつ新しい解決策を見つけられるまで、一緒に寄り添いながら辛抱強く質問を投げかける。

振り返り原因をできるだけ絞り込む

成果が出なかった原因をできるだけ明確にする。
STEM教育
Sサイエンス
Tテクノロジー
Eエンジニアリング
M数学
高度なスキルを持ったIT人材は慢性的に不足している。
特に人工知能、遺伝子工学、ナノテクノロジー、ロボット工学のような最先端テクノロジーに関わる領域

STEM領域の知識は比較的近い未来を生き残るための強力な武器だと言えます。

子どもと同じ目線に立ち、時代の最先端を受け止める

過去をふまえ、より広い視野で、今の子どもが夢中になっている遊びを考える
子どもが夢中になっていることを実際にやってみる
ああ、時代が変わったんだなということを常に理解する

将来就きたい職業ランキング2016年度版2045年に存在するか?

ランキング内

残る
スポーツ選手
研究者
エンジニア
ゲームクリエイター
医師
看護師
保育士
漫画家イラストレーター
マスコミ関係

一部残る
教員
建築家
会社員
動物園遊園地
デザイナーケーキパン屋
極一部を除いてなくなる
宇宙飛行士残るのは宇宙開発や宇宙探査の分野
鉄道運輸関係残るのは経営者とメンテナンスクルーと接客係
薬剤師新薬開発もAIになる。データサイエンティストの素養を持った薬剤師しか残らない
ランキング外

警察官
裁判官
芸能人歌手
消防士
弁護士
公務員
花屋
小学校幼稚園受験の参考ブログがたくさん

にほんブログ村

« 人とのつながりがないのにただお金を稼ぐためにじぶんがロボットになるなんていきていけない 心 | トップページ | espana »